リハビリテーション

リハビリのご案内

概要

理学療法士、作業療法士及び言語聴覚士などの専門職約20名が、必要なリハビリテーションを提供するため、外来、病棟共に専従体制でお一人おひとりにリハビリ計画書を作成し、

機能回復に努めます。

病棟では看護師や管理栄養士、医療ソーシャルワーカーなど他の職種と連携し、

チームアプローチ(リハビリテーション)が効果的に行えるよう連携し、実践しています。

 

地域中核病院の一角として地域に密着したリハビリテーションの提供

・急性期からのフォローアップ(回復期リハビリテーションに準じた医療体制)

・円滑な介護保険への移行で途切れることなくリハビリテーションを提供

・介護保険事業所との連携で必要なリハビリテーションに関する情報を共有

・通院できない方への訪問リハビリテーション提供で在宅生活を支援

・同一法人のデイサービス(通所介護)には健康運動指導士を派遣し介護予防に努める

リハビリテーション施設基準

脳血管リハビリテーションⅠ

脳血管リハビリテーションとは、脳梗塞、脳出血、中枢神経障害などで障害を持った方が

日常生活に復帰していただくためのリハビリテーションです。

 

運動器リハビリテーションⅠ

運動器リハビリテーションとは、骨折や骨の変性疾患によって日常生活を送ることが難しくなった方に対して日常生活に復帰していただくためのリハビリテーションです。

 

呼吸器リハビリテーションⅠ

呼吸器リハビリテーションとは、肺炎や呼吸不全など呼吸器に障害が生じた方が

日常生活に復帰していただくためのリハビリテーションです。

 

がん患者リハビリテーションⅠ

がんの治療により生じた疼痛、筋力低下、障害等に

対して二次的障害を予防し、運動機能の低下や

生活機能低下予防、改善することを目的とする

リハビリテーションです。

 

訪問リハビリテーション

来院できない患者様に対して、セラピスト(療法士)がご自宅に訪問し、患者様が

自分らしい生活を送っていただくために行うリハビリテーションです。

当院における主なリハビリテーション対象疾患

脳卒中(半身麻痺)、パーキンソン病、脊椎圧迫骨折、変形性腰椎症(腰の痛み)  

腰部脊柱管狭窄症(足のしびれ)、変形性膝関節症(膝の痛み)、人工膝関節置換術後

大腿部頚部骨折(人工関節置換術後)、肩関節周囲炎(肩の痛み)

肺炎や慢性呼吸器疾患など手術後の点滴治療など安静治療後の体力・筋力低下など

上記以外にも様々な病気や疾患に対してリハビリテーションを実施しています。